指原,HKT,映画

DOCUMENTARY of HKT48「感想まとめ」

遂に公開されました
「HKT48尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」(タイトルなが!)
涙・涙の声が多いようでいざ自分が見る時のワクワク感がたまりません。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

ここではみなさんの感想をまとめてみました。
指ヲタ補正付きですので、ご容赦を。(以下引用)

 

指原監督作品「尾崎支配人が泣いた夜」の中に、アイドルが映画を撮ることの意味が
ぎっしり詰まってる。被写体との距離感が全然違う。指原監督が撮ってきた映像が
今までのHKTのアーカイブと同等のパンチ力持ってるっていう。大人の男じゃ絶対撮れ
ない絵と、絶対引き出せない感情が詰まっていた。

 

兒玉宮脇を軸にしつつも主役は上野遥や後藤泉、坂口理子ってところが素晴らしい。
時々迷いながら映画を編集するシーン自体を挿入している所がメタ的というか
指原監督ならではと思います。

 

少なくともオチのついたHKTは支配人が言ってた「多幸感」が確かにあった。
もちろんこの映画によって救われるヲタは沢山いると思う。 ただ何よりも救われてほしい
のはメンバーであることを多くの人と共感したい。 それが劇中歌にあったと信じたい。

 

ツイで感想を追ってると「映画」として成立させたのがNMB? 「ドキュメンタリー」として成立
したのがHKTでOK? 少なくともこの映画は誰の為にあるのか、どこに打ち出したいのか。
それが明確だったのは後者なのかな?

 

現時点の評価としてはヲタむきファンサービス映画の最高峰って感じかな。
よくこんな映像までってとこまで見せてくれるけど、具体的に言うと全部ネタバレになるので
今のとこは自粛。

 

NMB
監督のファンになってもNMBのファンにはならないだろうなあ
HKT
指原のファンにはならないだろうけどHKTのファンにはなるかも
NMB
この監督の他の作品を見たいと思ってもNMBの劇場公演に足を運びたいとは思わない映画
HKT
指原のファンにはならないだろうけどHKTの劇場公演は見てみたいと思わされられる映画

 

どっちを評価するかはあなた次第

 

 

なんと映画が終わったらお客さんから自然に拍手が出たんだよ俺も嬉しくて拍手した映画を
観てお客さんが拍手するなんて初めてみたよ、感動した良い後味の映画だったよ。

 

ヲタのツボにはまる蔵出し映像の豊富さは今までのドキュメンタリーの比ではない。

 

エンドロールにちょりや谷はもちろんのんちゃんの名前も入ってたのが良かった

 

アコギさくたべ、誰が歌ってるのか知りたいヤツはエンドロールに注目!

 

なぜHKTの映画がドキュメンタリーに感じられないのか。それはこの映画が記録では
なく記憶を重視していて、その時の 感情を映像も踏まえながら伝えているからだろう。

 

名前も知らない子が多いのに「これこれ!これが見たかった!」感が残った

 

号泣した人と以外に冷静に見れたという人、二分化されている気もする。
しかもこの区分はいつもの区分と違うんだよな
普段冷静に見ている人でも泣く人は泣くし、熱く見ている人も泣かない人は泣かない。

 

48Gドキュメンタリー史上もっとも映画の構造がメタなんだけど、それが「監督」の独善や
自己顕示に向かうのではまったくなくて、むしろきれいに布石を打ちながら
48Gドキュメンタリー史上もっとも前向きなカタルシスを見せていた

 

一番グッと来たのは、指原さんが今までの総選挙のトロフィー飾ってあるのに、二位の
時の分だけ封印してると言った、シーン。本当に悔しかったんだな。

 

こども達よ、お前さん達が応援するメンバーさん達は正しかった
だからこそ、この映画で今まで見守ってくれた、心優しく気高いHKT48のメンバーさん達
の姿を見てほしい

(マブリットキバ)

 

「Yahoo!映画評価ランキング」1位を獲得!(2月1日現在)

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回ちょっと驚いたのは、試写会を見たヲタさんからのネタバレがほとんどというか
一切なかったこと。莉乃ちゃんの厳命があった事もありますが
HKTファンの誠実さを見れたようで感動しましたね。

 

ネタバレさせると、この子が怒ります。的な。
(このかんちゃん怖い。「殴り合いをするなこみく」と、どっちが怖いんでしょうか)

 

 

 

 

ネタバレ注意!「あの子」をいじる莉乃ちゃん


 

 

【スポンサードリンク】

 

 



ページの先頭に戻る




【指ヲタの皆さんへおすすめ】