指原莉乃 HKT ヤフートップ

『「脱さっしー」迫られるHKT48』記事がヤフートップに

「さっし」の文字が久しぶりのヤフートップニュースに踊りましたので
その内容をご紹介

 

 

指原莉乃

 

 

その内容は?以下が抜粋・要約です

 

HKTは「脱さっしー問題」
つまりカリスマ経営から集団体制へ。それぞれの個性を打ち出そうと
模索をしている。

 

指原はHKTの劇場支配人兼任になり一層手腕を発揮し
ライブではパフォーマンスに加え、MCで笑いを取り、セットリストも手がけている。

 

グループを引っ張っていくリーダーシップだけではなく細かな心遣いも見せる。

 

多田愛佳さんの卒業コンサートでは事前の握手会で指原さんが直接
多田さんを熱心に応援してきたファンから聞きたい曲をひそかにリサーチ
「涙のシーソーゲーム」など希望した曲が本番で披露されると
「昔からの愛ちゃんファンは大喜びだった」(ファンの一人)とのこと

 

リーダーである指原の存在感が大きくなる中
危機感が芽生え始めているHKTのメンバー達。
グループの将来を考えると「カリスマ指原」依存からの脱却を真剣に考える
時期に来ているのかもしれません。

 

春以降、指原はSTUに加え、8月に行われたTIF(TOKYO IDOL FESTIVAL)
のチェアマンを務めるなど「アイドルの頂点」と呼ばれるほど活動の幅が拡大。
メンバーはいや応なく「脱さっしー依存」に向き合うことになりつつある。

 

 

【記事はこちら】

 

「脱さっしー」迫られるHKT48 まるでアップルのジョブズ?
カリスマ依存脱却へ 集団体制を模索中

(8/11(金) 7:00配信)

 

 

今さら改めて指摘されるまでもなく「アフター莉乃ちゃん」はHKT
の大きな課題です。その存在のあまりの大きさゆえに。

 

特にここ最近の「2グループに在籍(各グループの代表として参加の本店も
ひとつと数えれば3グループ!!しかも2グループでは管理的立場」
を見れば「その日」は着々と近づいていると言わざるをえないでしょう。
HKTからすこしづつ離れていっている、的な。

 

莉乃ちゃん本人もこんな風に述べていますし

 


 

このコメントは何気にちょっとショックだったのですが
やむを得ないことなのでしょう。

 

こんな風にゆっくりと自然に親しめる時間を少しでも
莉乃ちゃんに作ってあげられると良いですね。どーん。
(一昨日のツイより)

 

 


 



ページの先頭に戻る




【指ヲタの皆さんへおすすめ】