指原莉乃,HKT,総選挙

AKB総選挙でかいま見えたHKTの姿★仲良集団じゃだめですか?

指原1位奪還で無事終わった2015年のAKB選抜総選挙。
様々な悲喜こもごもが繰り広げられていた会場で目についたHKT勢の
「ずっこけひな壇芸」から「歓喜の同僚ランクイン祝福シーン」と
そこから見えてきたものをご紹介します。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

会場ではこんな様子が繰り広げられていました。

 

徳光「HKT48 チームK…アイ…ブイ」で「ずっこけ」のひな壇芸
(まつが意外と激しいしいズッコケ&他メンの渾身のリアクション,)
              

 

 

キャップランクインの瞬間
(とっさにキャップの方を向く莉乃ちゃんの俊敏さ!)

 

 

谷真理佳ランクインの瞬間
                       谷真理佳ランクインの瞬間

 

他チームの「何しとんの?」的な冷静&大人な姿勢との対比が笑えます。
昨年の発表会場では、わりとみんな落ち着いて座っていましたように記憶していますから
HKTの団結に磨きがかかって、それがここに象徴的シーンとしてあらわれたのでは?と
思います。でも巷では

 

「チームスポーツとは違う」「神聖さが薄れる」「はしゃぎ過ぎ」などの意見も見られます。

 

確かにおっしゃる通りの点は否定できないかもしれませんね。
圏外だったメンバーの気持ち、等々もありますし。

 

 

ネットでの意見

 

・谷の時も大喜びだったしw 花音の時もSKEよりは拍手は多い
・らぶたん、穴井キャプ、両キャプテンはメンバーみんなが待ち望んでいた感じだったのね。
・呼ばれないメンでも嬉しさを共有できる。これで吐きそうになって退出するやつおらんやろ
・トップがAKBGのバラエティTOPなんだから全員に教育が行き届いてるんだろう
・楽しそうで何回も見たくなる。多分仕込みとかじゃなく自然とこういう流れになったんだろう
・支配人が率先してやってる。お祭りだし、いいことだと思う。
・不快な人もいると思うが見てて楽しかった。

 

速報の時もHKTはみんなで喜び、他店は淡々と受け止め、っていう感じ
だった。
だから演出とか仕掛けたとかじゃなくて、単にグループの雰囲気の違い
だろう

 

スポーツならチームで喜ぶのは当たり前だけど
総選挙はよっしゃーやったぜー!ってだけ のイベントじゃないからね
チーム内にもライバルはいるんだしそういうのが
ただのアイドルの1イベントを超える重みを与えてるのに
全員がそれをやり出したら画が軽くなって、一種の神聖さみたいなもの
が薄れてしまう と思う  
試しにいちいちグループがみんなでよっしゃー!てなるチーム対抗戦みた
いになった選挙を想像してみるとわかる 

 

 

 

リアクションを取るってことは常に周囲の発言に集中してなくてはいけない
言い換えれば常に戦闘態勢。この緊張感は芸能界生き抜くのに大事
ボーッとしてたら、何もリアクション取れない

 

様々な意見もごもっともだと思います。

 

「後輩は弁当を廊下で食べている(花音談)」wwSKEの緊張感ある雰囲気が
今回の大躍進の要因かもしれませんし

 

HKTも今後何年かして、もっと大人のチームになったら様子は変わってくるかもしれません。

 

でも

 

いいんじゃないでしょうか。創設以来「解雇(w)以外の卒業者数が2名」と際立って少ない
ことと、ひょっとして何かしら関係があるのでは?とも思いますが、いかがでしょうか?

 

 

今回は個人的ベストショットは、この谷真理佳と抱き合う莉乃ちゃん。
HKTメンバーに対しては公平性の点からか、あまり極端に一人のメンバーに情を持ったりする
ような姿勢はないように見られる支配人ですが(なこみく&サシスハラスメントは除く)

 

そんな心配のない谷へは、こんな形で感情を示せます。

 

AKB総選挙

 

からの

 

指原莉乃と谷真理佳

 

ハグ&見つめるはるっぴ。

 

あと、今になって莉乃ちゃんは、おなじみ福田監督にこんな事を言っていた事が発覚しました
家臣団へ厳命を下すモバメ(w)の対極で、こんな風な泣き言。
良く言えば「振り幅の広さが魅力」ですが「天性の甘え上手」の表現が適切なのかもしれま
せん。まさに「天才キャバクラ嬢の素質」ですね。どーん。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

 



ページの先頭に戻る




【指ヲタの皆さんへおすすめ】